HOME > 製品紹介 > 社会福祉法人向けWeb会計 – WIS会計システム

社会福祉法人向けWeb会計 – WIS会計システム

WIS会計システム

1.特徴

1平成24年度社会福祉法人会計基準対応(就労支援含む)

決算資料として「貸借対照表補足説明(法人全体/拠点区分毎)」及び社会福祉法人で必要とされる別紙(1)〜(20)に対応しております。

2伺書からの予算執行の管理が可能

伺書→支払依頼書→仕訳伝票といった業務に沿った運用が可能となります。

3各種帳票のExcel出力に対応

決算期に提出が必要な各種帳票のExcel出力が可能となります(貸借対照表、資金収支計算書、事業活動計算書等)。

4運用形態はスタンドアローン、P2P、プライベートクラウドに対応。
  将来的にはパブリッククラウド(データセンター型・SaaS)でも
  稼働予定

小規模ユーザへは単体でのスタンドアローン運用及びピアツーピア接続による複数台運用、大規模ユーザでは、サーバを利用したプライベートクラウド等あらゆる運用に対応できます。

また、これまでクライアント・サーバ型VPNで必要とされていたターミナルサーバー等も構築せずに運用することが可能となります。

2.主なプログラム

日次処理
回覧決済確認、収入伺書登録、支出伺書登録、入金(収入)登録、支払い(支出)登録、共通配賦報告依頼登録、仕訳伝票作成、仕訳伝票登録、共通配賦仕訳伝票登録
随時処理
予算残高一覧表、収入報告書パターン登録、支出依頼書パターン登録、仕訳伝票パターン登録、配賦伝票パターン登録、仕訳日記帳、摘要登録、銀行登録、取引先登録
支払処理
支払集計処理、支払明細票、支払明細訂正、支払一覧表、銀行振込依頼書、銀行振込データ作成、支払確定処理、仕訳伝票印刷(連続)
月次処理
合計残高試算表、総勘定元帳、合計残高試算表(印刷)、総勘定元帳(印刷)、帳票整合確認
予算処理
当初予算登録、当初予算内訳登録、当初予算備考登録、資金収支予算書、資金収支予算内訳書、就労支援事業予算書、補正予算登録、補正予算内訳登録、補正予算備考登録、資金収支補正予算書、資金収支補正予算内訳書、就労支援事業補正予算書、流充当伝票登録、予算変更一覧表、予算確定・取消処理
期末処理
資金収支計算書、資金収支内訳表、事業活動計算書、事業活動内訳表、貸借対照表、貸借対照表内訳表、就労支援資金収支明細書、就労支援事業活動明細書、財産目録、資金収支計算書(詳細)、消費税計算書、税区分別消費税集計表(印刷)、税区分別消費税明細表(印刷)、資金収支備考登録、事業活動備考登録、財産目録備考登録、期末更新
補足資料処理
財務諸表に対する注記、借入金明細書(別紙(1))、寄付金収益明細書(別紙(2))、補助金事業等収益明細書(別紙(3))、事業区分間及び拠点区分間繰入金明細書(別紙(4))、事業区分間及び拠点区間貸付金(借入金)残高明細書(別紙(5))、基本金明細書(別紙(6))、国庫補助金等特別積立金明細書(別紙(7))、積立金・積立資産明細書(別紙(8))、サービス区分間繰入金明細書(別紙(9))、サービス区分間貸付金(借入金)残高明細書(別紙(10))、就労支援事業別事業活動明細書、就労支援事業別事業活動明細書(多機能型事業所)、就労支援事業製造原価明細書、就労支援事業製販管費明細書、就労支援事業製販管費明細書(多機能型事業所)、就労支援事業明細書、就労支援事業明細書(多機能型事業所)、授産事業費用明細書

3.動作環境

ハードウェア
CPU Intel Core i5 メモリ4GB以上を推奨(スタンドアローン構成の場合)
ソフトウェア
OS MicrosoftWindows(7、8) InternetExplorer(8~10)
開発言語
Ruby 1.9.3、Rails 3.1.12、ThinReports
データベース
Postgresql 9.3

※サーバ運用の場合、サーバOSはLinux(Debian)を推奨

お電話でのお問い合わせ
0852-24-4471
受付時間9:00-18:00(当社規定の休業日を除く)

メールでのお問い合わせ